よくある質問|明大前の眼科 コンタクトレンズは明大前西アイクリニック|下高井戸 代田橋 桜上水 笹塚 永福町 東松原

診療メニュー

診療メニュー

  • コンタクトレンズ処方
  • 取り扱いコンタクトレンズ
  • 世田谷区ドクターズ
  • 明大前西アイクリニック-携帯サイト
  • 気持ち

よくある質問

診療や眼の病気などについて、よく頂く質問をまとめました。
もちろん、この他に気になる症状や疑問・質問などがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

質問 診察は予約制ですか?
  予約制ではありません。ただし、時間帯によって混雑する場合がございますので、眼の異常が特に気になる方や、お急ぎの方は予めお問い合わせください。
尚、視野検査、眼鏡処方については予約を承っております。
質問 保険証を忘れてしまったのですが、受診することができますか?
  受診していただくことは可能です。ただし保険証をお忘れの場合、一旦自費にて申し受けし、 後日保険証を提出して頂いた時からの保険扱いとなりますので、保険証をお忘れないようにお願いいたします。
質問 この頃、眼が見えにくいように感じるのですが…。
  そのような場合、大きく分けると、コンタクトレンズや眼鏡で矯正することによりはっきり見えるようになる「屈折異常」(近視、乱視、遠視など)と、何らかの眼疾患がある場合に分けられます。そのどちらなのかを自己判断することは大きなリスクを伴いますので、必ず眼科を受診するようにしてください。

ページトップへ

質問 結膜炎にかかったら学校などは休まないといけませんか?
  結膜炎にもいくつか種類がありますが、一番問題なのは“はやりめ(流行性角結膜炎)”です。風邪などの原因になるウイルスによって引き起こされる結膜炎で、簡単にうつってしまうため、学校や会社などはしばらくお休みしたほうが良いでしょう。尚、小さなお子様やご高齢の方は“はやりめ(流行性角結膜炎)”でなくてもうつる可能性がありますので、何日かお休みして様子をみて頂くことをお勧め致します。
質問 飛蚊症があるのでとても心配です。
  飛蚊症は、痛みを伴わないため放置されがちですが、量が急に多くなった場合などは 網膜剥離など別の病気の恐れもありますので、眼科医の適切な診断を受けることをお勧め致します。
質問 近視なので老眼にならないと言われましたが本当ですか?
  いいえ。近視でも、遠視でも、乱視でも、ある年齢になると老眼になります。正確に言いますと、きちんと矯正(コンタクトレンズや眼鏡などで正視の状態にする)しておけば、近視でも遠視でも老眼鏡が必要となる年齢は同じです。

ページトップへ

質問 乱視があると言われてびっくりしました。私の目は異常なのでしょうか?
  乱視というと、「乱」という字があるため、悪いイメージを持たれる方が多いようです。しかし、診察していて乱視のない眼というのは非常に稀です。厳密に言えば、乱視のない眼はないと言った方がいいでしょう。ですから、軽度の乱視であれば全く問題になりません。
質問 眼鏡やコンタクトレンズを作るのに必要なことはなんですか?
  まずは、その視力の低下の原因を調べた方が良いでしょう。もし網膜剥離などの病気が原因でしたら、眼鏡などを作っても改善できません。
視力検査など、一般眼科検査を行い、眼に異常がないことを診察します。その後、眼鏡であれば度数合わせを行い、コンタクトレンズでしたら、ハード・ソフト・使い捨てのどれが一番良いかを相談して決定します。決まればフィッティング、度数合わせ、装用練習を行います。
眼科で異常の無いことを確認した上で眼鏡やコンタクトレンズの度数合わせを行えば、ピッタリの眼鏡やコンタクトレンズが出来上がります。
質問 何歳からコンタクトレンズは使用できますか?
  個人差がありますが、中学生くらいからの使用をお勧めします。
コンタクトレンズは眼の表面に直接つけるものですし、決められたとおりの使い方をしないとトラブルが起こり、視力が低下し、元に戻らない可能性もあることから、医師の指導を守れて、一人でもある程度のトラブル時の処理ができる中学生くらいからとお勧めしています。
質問 乱視があるのでソフトコンタクトレンズはできないと言われました。本当でしょうか?
  いいえ。乱視のある方でも多くの方はソフトコンタクトレンズをすることが可能です。ほとんどの人は多かれ少なかれ乱視があります。乱視が軽度の場合には、通常のコンタクトレンズで問題なく視力矯正をすることが可能です。
しかし、乱視の強い方は、通常のソフトコンタクトレンズで十分な矯正をすることができません。このような方には乱視矯正用ソフトコンタクトレンズが必要となります。乱視は、近視や遠視と異なり、乱視の方向がありますので、その方向に合わせてコンタクトレンズを処方します。

 

ページトップへ